製造工程

秤量

1.秤量 

原薬をはじめとする原料を、配合に必要な量だけ正確に量りとります。高薬理活性医薬品は、専用の機械で封じ込め、作業者と工場の環境を守っています。

調製

2.調製 

秤量工程で正確に量りとった原料を基剤の溶液と混合します。カプセルの内容液とカプセルの外皮の液は別々に調製します。外皮のゼラチン溶液は、減圧下で十分に脱泡しないとカプセルが出来上がった際、外皮に泡の入ったカプセルになってしまいます。各製品ごとに標準化された製法により、一定の高品質な製品製造をしています。

充填

3.充填 

外皮の溶液をシート状に成型し、ダイロールと呼ばれる一対の円筒形金型の間に、2枚のゼラチンシートを重ねるように挟み込み、2枚のシートの間に内容液を注入し、金型での圧切・圧着を同時におこないます。カプセルの外皮の成型と内容液の充填を同時におこないます。高薬理活性医薬品の取扱のため、充填機をブースで覆い、気流管理により外部への成分の暴露を防止しています。

乾燥

4.乾燥 

充填直後のソフトカプセルは、非常に軟らかいため、タンブラーと呼ばれる円形状の筒で、カプセルを回しながら変形しないように乾燥します。一定の乾燥がすむとトレー上の棚にカプセルを並べて、最終乾燥します。

5.検査 

できあがったカプセルに泡、異物、変形などが無いかを確認します。
当社では、自動検査機による全数検査を実施しており、品質基準に合致したカプセルのみを出荷することでカプセル1粒ごとに健康への責任を果たします